マイク納め


12月13日(土)
選挙戦最終日の本日20時、宇治市神楽田交差点でのマイク納め式、選挙事務所での個人演説会で最後のお訴えをさせて頂きました。
京都6区は、小選挙区制度になってから、二期連続で与党の代議士が誕生したことがありません。
これはつまり、地域の発展と国の発展が中長期的に継続した連携を取り続けられないことを意味しています。
安藤ひろしは今回、「京都南部の歴史を変える!」をスローガンにこの選挙戦を戦って参りました。
地域と国の発展を願い為し続ける機会を、どうか皆様から頂きたいとお訴えさせて頂きました。
自民党は圧勝との報道もあります。ですがここ京都6区は現在、大変厳しい、横一線の戦いが続いています。
最後のお願いとなりますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。