高良神社の太鼓まつり


本日は夕から八幡に夏を告げる高良神社の例祭で、「太鼓まつり」に伺いました。
「よっさー、よっさー」の掛け声とともに、男衆が2トンにも及ぶ屋形みこしを担いで練り歩く様、約600灯もの提灯献灯に見とれました。中でも4基の屋形みこし、3基の子供みこしが一堂に会する「宮入」で参道を練り歩く姿は迫力満点でした。
故郷の夏の絵をずっと守ってこられている石清水八幡宮青年会の皆様をはじめ、各地区保存会の方々、地域有志の方々に感服いたします。
ふるさと喪失を食い止めるには多大な時間と労力を要します。子供たちにとっても、夏のお祭りの時間は格別の思い出となります。守っていくという皆様の想いを感じる力強いお祭りでした。