宇治市障害者施設保護者連絡会の意見交換会


宇治市障害者施設保護者連絡会の皆さんと厚労省との意見交換会を開催しました。

 障害者施設を利用されている保護者の皆さんが上京され、現場の実情を伝えるべく、親御さんたちと厚生労働省と各担当者が直接意見交換を行うと共に、今後の障害者施策の拡充に向けての要望をお伝えしました。
 保護者の皆さんが、将来にわたり安心してお子さんが生を全う出来るように・・・この尊い「思い」こそを、障害者施策の根幹に据えなければなりません。現行の制度の中では、まだまだ実情にそぐわない課題も多く、また、障害者の高齢化が進む中、新たな制度設計も求められています。
 こうして、保護者皆さんから生の活きたお話を伺う機会を持つことによって、決して机上の制度とならないよう、行政・立法がしっかりと連携を図り、魂のこもった障害者施策を、第一線で牽引していきたいと思います。
 この世に生を受けた人は、必ず、誰かにとってのかけがえのない存在です。障害者も健常者も、共に生を全う出来る社会が“真に豊かな社会”と言えるのかも知れません。