北陸新幹線京都府南部ルート誘致促進同盟会


 ようやく、京都南部が動き出しました!
 今まで、与党整備新幹線建設推進PT「北陸新幹線『敦賀・大阪間』整備検討委員会」西田昌司委員長を筆頭に、あんどう裕も、わが地元である京都南部地域へ北陸新幹線を誘致すべく、全力で活動をしてまいりましたが、ようやくこの度、京都南部の自治体並びに関係団体による「北陸新幹線京都府南部ルート誘致促進同盟会」が設立される運びとなりました。
 これより、政治と行政が一丸となり、同じベクトルで誘致に向け邁進することができます。
 京都府南部12市町村は「京都やましろ地域」として「お茶の京都」を掲げ、府と市町村が一体となった観光振興の取り組みを進めています。
観光立国を目指す我が国にとって、さらには、在来線の強化を通じ京都南部地域においてインバウンドの誘客拡大と地域振興を図ろうとしている山城12市町村にとって、極めて大きな意義を持つ社会資本整備であります。
 この数十年「公共事業=悪い」という風潮が続いておりますが、机上での費用対効果では、決して算出できない事業も存在します。
 良いものは良い、悪いものは悪いと、きちんと明確にして進めていくことで、京都南部に眠っている潜在的な力を掘り起こし、大きく開花させようと日々邁進しております。
 政治、行政と手に手を取り、京都南部の真の活性化のために、全力でやってまいりますので、これからの『あんどう裕』、是非、ご期待下さい。