「お茶の京都博」プロモーションイベント


 東京・丸の内「お茶の京都博」プロモーションイベント!
一、相手に窮屈な思いをさせぬこと
一、相手に恥を掛かせないこと
一、相手に満足感を与えること
 これは、とある煎茶道流派に受け継がれている口伝です。お客様にお茶を点てる時、ただひたすらに相手を想い、美味しいお茶にになりますようにとの思いを込めながら一葉・一滴と向き合う佇まい・・・まさに〝利他の心〟そのものです。
悠久の歴史の中で培われた尊い精神性が、お茶をあますところなく引き立てる・・・「お茶の京都」の由縁なのではないでしょうか。
 今日は、丸の内で道行くお客様に、玉露を振る舞うイベントが開催されました。宇治や和束の日本茶インストラクターの方々の振る舞うお茶に、皆さんが「えぇっ!これがお茶~!!」と驚く様子が印象的でした。ケヤキ並木の下で、格別なお茶を頂けるこのイベントは、明日まで開催されています。