スポーツ庁・鈴木大地長官に要望活動

スポーツ庁・鈴木大地長官に要望活動
~京都南部を障がい者スポーツの拠点に~
城陽市の「サン・アビリティーズ城陽」がスポーツ庁からパラリンピック・パワーリフティング競技のナショナルトレーニングセンターに指定されました。この施設の活用することによって、2020年の東京オリンピック・パラリンピック大会でより多くの選手が活躍できるよう、いかに充実させ、地域・医療分野との連携を図っていくか、様々な現場からの提案と要望を、鈴木長官にお伝えしてきました。
京都障がい者スポーツ推進協会の園崎弘道・理事長(京都府議会議員)と共に、この京都南部地域が、障がい者スポーツに取り組む皆さんにとっての「聖地」となれるよう、その支援に尽力していきます!