日本遺産サミットin京都

本日は、文化・歴史に浸らせていただいた一日でした。
「日本遺産サミットin京都」に始まり、各地の七夕祭りにお邪魔し、そして本日の締めは宇治川の川開き。いやいや、ほんと文化・歴史は奥が深いものですね。
お茶が中国から日本に伝えられて以降、京都・南山城地域は、お茶の生産技術を向上させ、茶の湯に使用される「抹茶」、そして今日広く飲まれている「煎茶」、また高級茶として世界的にも広く知られている「玉露」を生み出した。
この私たちの地元は、約800年の昔から最高級の多種多様なお茶を作り続け、日本の特徴的文化である茶道など、わが国特有の喫茶文化の展開をリードし発展してきた歴史と、往時の景観を残しつつ今に伝える独特で美しい茶畑、そして茶問屋、茶まつりなどの代表的遺産が良質な状態で揃って残っている、日本でも唯一のエリアではないでしょうか。
このように、他国にも誇れる、唯一無二の歴史・文化を遺してくれた先人たち、そしてそれを脈々と継承されている現代の匠のみなさま。ただただ、感謝の念でいっぱいです。