フォトギャラリーを更新しました

今日から東京ビッグサイトで開催されている、「東京インターナショナルギフトショー」に城陽商工会議所が出展。

京都南部地域は「金銀糸」の生産量日本一の産地。その歴史は着物文化の隆盛した江戸時代にまで遡ります。
現在も、全国で生産される金銀糸の約80%を占め、その中でも城陽市における生産量は50%にも達しています。
今回は、歴史に培われた技術によって生み出された金銀糸を使って、様々なインテリアグッズが展示されており、
深みと趣を持つ金銀の彩りは、様々な場面で活用される可能性を秘めています。

日本の文化と伝統が凝縮されたこうした伝統工芸を、次代に受け渡していくことは私たちの責任でもあります。
地域の活性化の原動力として、地域の皆さんと共に知恵を出しながら、技術を継承していくための施策に挑戦していきたいと思います。