お知らせ

動画でみるひろし

Facebook

プロフィール

生年月日 昭和40年(1965年)3月28日生まれ
略歴
慶応義塾普通部、同高等学校を経て、慶応義塾大学経済学部に進学。卒業後、相模鉄道株式会社に入社。サラリーマンとして働きながら税理士資格を取得し、平成10年(1998年)に安藤裕税理士事務所を開設。
平成24年(2012年)第46回衆議院議員選挙初当選
平成26年(2014年)第47回衆議院議員選挙再選
平成29年(2017年)第48回衆議院議員選挙当選〈3期目〉
平成30年(2018年)~内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官
令和元年(2019年)自由民主党政務調査会総務部会部会長代理
著書 『「稼ぐ」社長の経理力』 (明日香出版社 平成23年)
現在 自由民主党政務調査会総務部会部会長代理
家族 妻・一男一女の4人家族
趣味 音楽(マンドリン演奏)、読書、ゴルフ
座右の銘 「為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり」
詳しいプロフィールを見る
なぜ政治家に?

サラリーマン、税理士として20年のキャリアを重ねてきたあんどうさんが、政治家になろうと思ったのはなぜですか?

2009年に始まった「政治の混乱」を目の当たりにして、「今の国会にいる政治家には、この国は任せておけない」と思ったんです。

インタビューを見る
若いみなさんへ

これからの日本を担う若い皆さんに向けてのあんどう裕のメッセージのほか「国会のしくみ」や「国会議員の仕事」をわかりやすくご紹介します。

政策・実績

写真1 写真2 写真3

政策ビジョン

  1. 自立した誇り高い人間を育てる教育
  2. 自国の平和と安全は自分たちの力で守る
  3. 日本の歴史・伝統・文化を未来に伝える
  4. 子育ての意義を見つめ直し少子化を食い止める
  5. 日本国内でお金が循環する経済政策
  6. 中小企業を守る税制で地方を再生

実績と具体策

新聞

あんどう裕が主宰する勉強会の経済財政への提言が注目を集めています!

アベノミクスで企業業績が上向き、有効求人率は上昇したものの、地方や中小企業においては、いまだアベノミクスの恩恵の実感を得ることは出来ていません。デフレ不況から20年近くも脱却できず、格差は拡大、消費税増税はなされるものの社会保障は削減・・・果たして、これまでの経済政策は正しかったと言えるでしょうか。この長年の課題に一石を投じ、日本の財政政策の大転換を図るべく、あんどう裕が自民党二回生の中心となって、提言実現に向けて尽力していきます!
新聞

税の専門家、地域の代表として地元の貴重な財源を守りました!

平成27年(2015年)の自民党税制調査会(党税調)で「ゴルフ税の廃止」が議論された際、安藤ひろしは小委員会で笠置町、南山城村の事情を紹介しながら「税収を取り上げるのは地方創生に逆行する」と訴え、党税調は最終的にゴルフ税の存続を決定しました。国に直接働きかけることができる、政権与党の国会議員として地元の声を届けました!
あんどう裕は、京都南部のみなさまとともに未来へと進みます。

暮らしの安心・安全を 守るインフラ整備

新名神、幹線道路、鉄道の整備推進のほか、宇治川・木津川の河川対策や地震対策で、災害に強いまちづくりを進めます。

福祉と教育の 充実・再生

基礎学力や国語力の強化、郷土愛を育む教育を実現。子育て支援の充実、医療・介護の財政強化で誰もが安心して長生きできる社会を築きます。

京都南部の さらなる発展のために

住環境を向上させる施設整備、宇治茶の世界文化遺産登録や農産物の地元消費を推進し、京都南部をより住みよく魅力的な地へと発展させます。

政権与党の国会議員として、 口先だけではない地域と家族のための 実のある改革を実行します。

あんどう裕
政策・実績について詳しく見る

ひろしを応援する

暮らしを守る、選択肢。
地域の声を届ける政治家・あんどう裕をどうかご支援ください。