京都府消防操法大会


本日は、第24回京都府消防操法大会が開催されました。炎天下でも、消防団員の皆さまは長期間練習を重ねてこられた成果を発揮されようと、大会に集中されていました。
開会の挨拶では何度も、昨今の消防団員不足のことに触れられていました。
自民党のかかげる地方創生の本当の意味は、地方の経済はもとより、消防団などの地域の様々なコミュニティがこれから先も永遠に存続していくためにはどうしていくか、にあります。この問いに答えることは、日本国民全員の暮らしの安全と安心と幸せに繋がっています。
日頃の活動と本日の大会でご活躍されました消防団員の皆さま、本日も本当にお疲れさまでした。