宇治市長選自民党候補大島仁さんの記者発表


本日午前9時より宇治市役所にて、12月11日執行宇治市長選の自民党候補 大島 仁(おおしま ひとし)さんの記者発表をさせていただきました。
現在の宇治の状況を見ると、宇治川花火大会が3年連続開催中止、イオン大久保店閉店、来年2月の六地蔵イトーヨーカドー閉店、新名神高速道路開通に伴う都市計画は皆無、人口転出超過自治体として全国ワースト14位、という事柄に表われているように、残念ながら宇治市は停滞していると言わざるを得ません。
大島候補は、宇治田原町出身で京都大学法学部を卒業後、京都市役所に長く勤め、都市計画局長、地球環境政策監等を歴任されました。宇治市において子育てをしてきて、30年来宇治市民ですので、宇治市の実情も熟知しておられます。
大島候補は行政のスペシャリストとして、間違いなく宇治市政を良い方向へ刷新する方だと、自民党は自信と責任を持って宣言します。