第2回日本の未来を考える勉強会

評論家の中野剛志先生をお招きして、第二回目の勉強会を開催しました。

「デフレ脱却」が安倍政権の公約として掲げられて久しいですが、なかなかその達成には至っていません。その原因とは何か、そもそもデフレとは何かという基本に立ち返り、デフレ脱却に向けた政策について、大変熱のこもったご講演を頂きました。

なぜこのデフレから脱却出来ずにいるのか・・・これまでの経済・金融政策が本当に正しい政策だったのか、改めて考えるべき時にきています。インフレとデフレでは、当然それぞれ取るべき政策の方向性は逆ですが、じっくり見てみて下さい(下図)。政治はデフレから本当に脱却しようとしていたのでしょうか・・・。
「デフレ下での財政再建(緊縮財政策)は、無駄な骨折り」と、これまでの常識を打ち破る、衝撃的かつ緻密な歴史的検証に基づいたお話しに、参加頂いた先生方からは熱心な質問や意見が出されました。

この勉強会の模様は、後日「超人大陸」にアップ致します。