「日本の未来を考える勉強会」動画をアップしました。

安藤ひろしが呼びかけ人として立ち上げた、若手議員による勉強会「日本の未来を考える勉強会」がスタートしました。自民党が政権を取り戻して4年あまり、この間、アベノミクスを着実に実行してきました。
有効求人率の回復や名目GDPの増加など一定の成果はありつつも、地方への恩恵は十分とは言えず、
中小企業支援をはじめ、医療・介護・子育て等への不安が払拭できているかと言えば、まだまだ満足頂ける状況にありません。

今回、自民党の若手議員を中心に、これまでの政策(とりわけ危機的な状況にあると言われて久しい「財政問題」)を検証しながら、
今後、どういった政策を実践していくべきか、先入観にとらわれずに、深く学びを進めながら提言を取りまとめて参ります。

■第一回 平成29年4月12日(水)
藤井聡先生(内閣官房参与・京都大学大学院教授)
「財政再建と経済成長の二兎を得るためのアベノミクス戦略」

■第二回 平成29年4月27日(木)
中野剛志先生(評論家)
「貨幣と租税」

■第三回 平成29年5月9日(火)
青木泰樹先生(京都大学大学院教授)
「財政出動を阻む経済通念について」

■第四回 平成29年5月16日(火)
島倉原先生(経済評論家・(株)クレディセゾン主任研究員)
「積極財政と復活する日本経済」